360度の見晴らし・猪臥山(いぶしやま)

猪臥山は飛騨古川盆地の概して中央にそびえていることから、360度の視界が開けた素晴らしい青写真客席だ。
山頂からは、南の御嶽山から乗鞍岳、穂高岳と笠ヶ岳、黒部五郎岳から薬師岳への稜線、北は富山県境の山、西に著しく白山を眺めることができます。

眼下には飛騨の表通りを一望でき、秋の晴れた昼前は眼下にミスト海(むかい)を見ることができる支持地方だ。
ブナを始め原生林が残り、紅葉の眩しい山々としても有名です。

東海北陸自動車行程の飛騨清見ICを降りて、飛騨卯の花街道(県道90号)を進むと飛騨古川都心へ出ます。
清見ICから卯の花街道経約半で猪臥山に到着します。
こういう卯の花街道には、標高1519mの猪臥山を貫通始める全長約4移動の長いトンネル(猪臥山トンネル)もあります。
こういう飛騨卯の花街道沿線のカエデの植栽も真っ赤で可愛く、紅葉も壮観だ。

猪臥山は山頂まで舗装林道が整備されていて、山頂には祠と停車剰余があります。
林道は1車線ですが、しばしば整備されているので、対向自家用車に気をつければ、北アルプスの大景観が展開する走行向きになります。
北から貫く長い尾根を頂上直下まで林道が通じている結果、モータープールから歩き10分のお手軽登山で山頂からの大パノラマを目にすることができます。

なおワンデイ登山を罹る場合は、卯の花街道の飛騨古川にかけて猪臥山トンネル前左手に登山口があります。
山頂までは2間隔ほどで、紅葉を見ながらおいおいトレッキングができます。

猪臥山は日々10毎月中旬あたりから色づき取り掛かり、10月下最先端までが紅葉の見ごろとなっています。

 ミュゼ上野の全身脱毛、その人気の秘密は?